シリーズ全体紹介

Series

春の「ツール・ド・かつらお」から、
秋の「いわきナイトクリテリウム」までシリーズ全10戦!

 

FUKUSHIMAを舞台にした福島復興サイクルロードレースシリーズは、1シーズンで10レースを開催予定です。
ロードレース、エンデューロレース、ヒルクライムレース、クリテリウムレースの多彩なレースを展開。
そのすべてが公道レースで、特別な登録を必要としない誰でも参加できる市民レースです。
また、集団走行などを実践で学べるライドスクールとセットにしたレースも用意し、初心者も安心して参加してもらえる自転車レースシリーズとして、幅広い層のサイクリストのみなさまの挑戦をお待ちしております。

第1戦
ツール・ド・かつらお

2024.4.20-21開催予定

4月中旬、福島県浜通りに位置する葛尾村で開催される「ツール・ド・かつらお」から本シリーズは幕開けします。かつて葛尾村は帰宅困難区域に指定された原発事故の影響を受けた場所でもあります。その自然豊かな葛尾村の1周28kmの山岳コースを舞台にした本格ロードレースです。終盤に通称”もりもりランドの坂”と呼ばれる距離約3kmで勾配8%を超える急坂が待ち受けます。テクニカルな峠の下りもあり、ロードレースの総合力が試されます。現在、2024大会に向けて準備を進めております。詳細は後日発表いたします。

Photoギャラリー Day-1 Day-2

第2戦
ツールドふたば

2024.5.18-19開催予定

第2戦は、2024シーズンから双葉町で新たに開催するクリテリウムレース「ツールドふたば」。ライドスクールも併催し、はじめてのクリテリウムレースでも安心して参加いただけるように準備中です。現在、2024大会に向けて準備を進めております。詳細は後日発表いたします。

第3戦
エンデューロそうま

2024.6月開催予定

第3戦は、津波の被害を受けた相馬の沿岸部に新たに開通した絶景シーサイドロード「大洲松川ライン」を駆け抜ける「エンデューロそうま」です。福島を代表する景勝地「大洲松川浦」が舞台です。直線5kmに渡って続くフラットで爽快な道を使った100分耐久レースがメインレースです。100分の中で1周10kmのコースの周回数で競い合います。また、マラソン(ランニング)と合わせた総合カテゴリーもあります。かつて海岸線に続いた立派な松林があった場所には、今、苗木が植林され新たな景観が育てられています。現在、2024大会に向けて準備を進めております。詳細は後日発表いたします。

Photoギャラリー

第4戦
磐梯吾妻スカイライン・
ヒルクライム

2024.7.6-7開催予定

第4戦は、磐梯朝日国立公園にある吾妻連峰を走る絶景山岳ロード「磐梯吾妻スカイライン」で開催されるヒルクライムレースです。土日の2日間で開催され、両日ともゴール地点は、標高1600mの浄土平。初日は吾妻山の北側の高湯温泉からの14kmのヒルクライム。2日目は南側の土湯温泉からの28kmのロングヒルクライムで開催されます。高湯温泉は良泉として知られ、土湯温泉は開湯1400年の歴史ある温泉を楽しめます。福島市街から磐梯吾妻スカイラインの高湯側の登り口までは10km少々というアクセスの良さがあります。現在、2024大会に向けて準備を進めております。詳細は後日発表いたします。

Photoギャラリー Day-1Day-2

第5戦
あぶくま洞ヒルクライム

2024.7.27開催予定

第4戦に続き、第5戦もヒルクライムレースです。恐竜時代の8000万年前から地底に創られはじめた鍾乳洞を楽しめる「あぶくま洞」(田村市滝根町)が会場になる「あぶくま洞ヒルクライム」。2本のショートヒルクライムの合計タイムで競う珍しい2ステージ制ヒルクライムレースです。1ステージが5.4km、2ステージが5.1kmです。バーチャルサイクリングアプリZwiftのパワーウエイトレシオを目安にカテゴリー分けされ、車体金額別クラスやヘビー級クラスなどユニークなカテゴリーもあります。現在、2024大会に向けて準備を進めております。詳細は後日発表いたします。

第6戦
小野こまちロードレース

2024.7.28開催予定

WEB SITE

田村郡小野町で開催する第6戦「小野こまちロードレース」は、フラットなレイアウトの1周12kmのコースで開催される公道ロードレースを楽しめます。会場は磐越自動車道小野インターからすぐ。あぶくま洞ヒルクライムレースとの土日開催の2days総合表彰もあります。

第7戦
ツールドふくしま

2024.9.14-15開催

 

WEB SITE

15市町村を舞台にした
本格ロードレース

そして、全10戦のうち最大規模のレースが第7戦の「ツールドふくしま」です。現在、2024大会に向けて準備を進めております。詳細は後日発表いたします。

第8戦
ツールドかわうち(山岳タイムトライアル)

2024.10月開催予定

WEB SITE

第8戦は福島県浜通りに位置する川内村を舞台にした「ツールドかわうち」は、山岳タイムトライアルです。阿武隈高地の最高峰(標高1192m)である大滝根山の東麓、山地に囲まれた自然豊かな村での開催です。現在、2024大会に向けて準備を進めております。詳細は後日発表いたします。

 

第9戦
ジロ・デ・シラカワ

2024.11月開催予定

WEB SITE

11月に白河市で開催される「ジロ・デ・シラカワ」。JR白河駅前通りでのハイスピードなクリテリウムレースは白熱します。トップカテゴリーは、1周1.4kmのコースを15周回で競います。以下、年代別カテゴリーのほか、小学生も参加できす。また、小学生がロードバイク以外の自転車で気軽に参加できる部門や、未就学児が自転車を体験できるランニングバイク部門も用意しています。仮想サイクリング、最高速チャレンジなどファミリーや仲間で楽しめる要素も盛りだくさんです。現在、2024大会に向けて準備を進めております。詳細は後日発表いたします。

第10戦
いわきナイトクリテリウム

2024.11月開催予定

WEB SITE

福島復興サイクルロードレースシリーズの最終戦は、JRいわき駅前で開催される「いわきナイトクリテリウム」。夜間、イルミネーションで彩られた駅前大通りが舞台になり、一般市民が見守る中での華やかな市街地レースを楽しめます。現在、2024大会に向けて準備を進めております。詳細は後日発表いたします。

 

福島復興を掲げる本シリーズでは、当時、津波被害の大きかった相馬市や福島第一原発事故により帰宅困難地域に指定されてきた川内村や葛尾村などの地域でタイプの異なる公道ロードレースを開催しています。

これからもサイクルロードレースファンの皆さんに愛される福島県であり、そして誰もがチャレンジしたくなる魅力的なサイクルロードレースシリーズであり続けたいと考えています。